朝日杯フューチュリティS

朝日杯フューチュリティSについて

ローズキングダムの完勝でした。
馬群の中で脚をためて直線外へ出し先に抜け出した
エイシンアポロンを楽々と差し切りゴール。
着差以上に強い競馬でした。
前走見せた勝負根性といいレースセンスが抜群です。

この世代ナンバーワンの素質馬で私も来年はこの馬を中心にクラッシックレースの
戦いが繰り広げられると思っていたリルダヴァルが骨折で戦線離脱。
デイリー杯を外から豪快に差し切ったリディルは骨折で全治1年。
そして前走ローズキングダムと接戦を演じたトーセンファントムも
昨日の朝日杯フューチュリティSレース中に右前浅屈腱不全断裂で春絶望と
せっかくのスター候補が続々と故障していまい非常に残念です。
無事なら来年のクラッシックは高いレベルでかなり面白い戦いになりそうだったが・・・。
ローズキングダムが完全に一歩抜け出した感じです。

残ってる中で注目馬は新馬戦でローズキングダムの2着で京都2歳Sの勝ち馬
ヴィクトワールピサ今週のラジオNIKKEI杯2歳Sに出てくるのかな?

新馬戦から注目してたがなかなか思ったほどの結果を出せなかった
ダノンパッションは前走黄菊賞を強い勝ち方で圧勝。
レースの上がりタイムが11.6-11.4-11.3で直線半ばまでほぼ馬なり
追い出すと一瞬で先頭に立ちゴール前は手綱を緩める余裕。
まだまだ粗削りですが私はローズキングダムよりこちらに魅力を感じます。

あと昨日の新馬戦を勝ったゴールスキーもなかなか強い勝ち方でした。
ゴールドアリュールの下という血統背景もありこれからが楽しみな馬です。

種付け頭数が多いということもありますがネオユニヴァースは良い産駒を出してますね~。
現役時代は2冠馬ながらダービーを最後にG1勝ちがなくなんとなく
地味な印象でしたが種牡馬としては大成功です。

今のところ来年のダービー馬はダノンパッションと予想
去年はリーチザクラウンで間違いないと思ってたのでアテになりませんが(笑)
とりあえず今週のラジオNIKKEI杯2歳Sに注目します。

にほんブログ村 競馬ブログへ

2009年12月21日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 赤帽競馬

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«